Sony Tablet向けサービス拡充

ソニーは10月28日、Androidタブレット「Sony Tablet S」の3G+Wi-Fiモデルおよび「Sony Tablet P」を発売したことに伴い、対応サービスのアップデートを実施した。

【“P”発売同時にアップデート:ソニーが「Sony Tablet」向けサービスを拡充】

 電子書籍サービス「Reader Store」をSony Tablet対応としてリニューアルしたほか、地図情報アプリ「PetaMap ガイド&ナビ」、Skypeアプリ「ビデオチャット for Sony Tablet - plugged into Skype」の提供を開始した。

●ePUB3のカラーコンテンツが購読できる「Reader Store」

 電子書籍サービスの「Reader Store」は、Sony Tablet S/Pの両製品に対応。Androidマーケットからバージョン2の最新版「Reader」アプリをダウンロードすることで、XMDF、.book、ePUB3のフォーマットを新たにサポート(従来版はPDF、ePUB2のみ対応)し、Reader Storeで購入したコンテンツが閲覧可能になる。

画像:「Reader Store」のトップページを「Sony Tablet S」でアクセス、ほか
(http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1110/28/news029.html)

 これまでのReader Storeは同社の電子書籍リーダー「Sony Reader」向けの電子書籍ストアで、モノクロの文芸書やコミックなどを約3万冊取り扱っていたが、今回のアップデートによって、Sony Tabletで購読できる雑誌や絵本などのカラーコンテンツが加わり、2011年10月中に200冊程度をそろえる見込み。こうしたカラーコンテンツはePUB3形式で販売され、ePUB3のコミックも取り扱う予定だ。ソニーは事業者として初めてePUB3コンテンツの販売を開始したこととなる。

 コンテンツの増加に伴い、Reader Storeでは独自開発の推薦技術「VoyAgent」を導入。ユーザーが購入したタイトル、著者、ジャンルなどの情報を基に、購買傾向が似た別のユーザーの購買行動を解析し、おすすめのコンテンツを表示するようになった。

●旅の行程表が作れる地図情報アプリ「PetaMap ガイド&ナビ」

 「PetaMap ガイド&ナビ」は、Androidマーケットで配布するSony Tablet P専用の地図情報アプリ。地図情報サービスの「PetaMap」と連動し、日本全国約100万件のスポット情報から、グルメやレジャー、ガソリンスタンドなどのスポットを探し出せる。

 ぐるなび、グルメぴあ、ホットペッパー グルメ、るるぶトラベル、一休.com、オズモール、gogo.gs、GDO、旅の発見、日本観光振興協会といったPetaMap連携パートナーのスポット情報に加えて、さまざまなユーザーが登録したクチコミ情報も表示可能だ。

 Sony Tablet Pの2画面に最適化した手帳風のメニュー画面を採用し、縦位置で左画面に地図、右画面にスポット情報を表示する。現在地周辺や場所を指定してのスポット検索、経路検索、オフィシャルマップを利用した周辺スポット表示、スポットリストの写真表示、お気に入りスポットの登録、PetaMapにないスポットの登録、外出の行程表作成などの機能を持つ。

●Sony Tablet Pの2画面に最適化した「Skype」アプリ

 「ビデオチャット for Sony Tablet - plugged into Skype」は、Skypeと連動するビデオ、音声、テキストチャット用アプリ。Sony Tablet P専用のアプリで、2画面表示に最適化したメニューを採用する。

●映像とゲームの配信サービスも展開

 なお、Sony Tablet SのWi-Fiモデル発売後(2011年9月17日以降)に提供されたSony Tablet向けサービスとしては、10月13日に映像配信の「Video Unlimited」、10月19日にゲーム配信の「PlayStation Store」がオープンしている。

 Video Unlimitedは、Sony Tabletから直接アクセスして、映画やテレビ番組を購入もしくはレンタルできる映像配信サービス。コンテンツの検索や購入は3G環境で行えるが、ダウンロードにはWi-Fi環境が必要だ。コンテンツはSD映像(480i)で配信され、ダウンロードしながら再生できる「今すぐ再生」機能に対応する。

 PC用ソフトの「Media Go」を利用することで、Sony Tabletで購入したコンテンツをPCへコピー、レンタルしたコンテンツをPCへムーブすることも可能だ。さらに、PCからMedia Go経由でプレイステーションポータブル(PSP)などにコンテンツを転送することもできる。ただし、Sony Tablet上からDLNA対応機器にワイヤレスでコンテンツを送信する「Throw」機能は利用できない。

 PlayStation Storeは、「PS Store」アプリをダウンロードすることで利用できる初代プレイステーション用ゲーム配信サービス。オープン時には、「XI[sai]」や「ポポロクロイス物語」、「I.Q Intelligent Qube」など18タイトル(価格は各タイトル600円)をラインアップし、順次タイトル数を増やしていく予定だ。

  

750人限定世界一高価なメアド

この発想はすごいな…。

ELITE750 では、世界でもっとも高価なメールアドレスを販売している。なんと初期費用が7,500ドル(50万円強)、月額750ドル、というお金がかかるのだ。

そのお金を払えば、「〜@elite750.com」のメールアドレスがもらえるという。ちなみに750名限定だそうだ。

もちろんただの冗談ではなくて、このメールアドレスを持っているからこそアクセスできるサービスがあるらしい(富裕層向けなんちゃらですな、きっと)。

払ったお金に見合うだけのメリットがあるならいいかもだが、メールアドレスを高額で販売するというアイデアにぐっと来た。いろいろ考える人がいますな。

(記事提供 : 百式)

サイト名:ELITE750
http://elite750.com/
記事提供:百式